葬儀まで時間があいてしまう

千葉の葬儀情報支援

千葉、神奈川、東京と、便利で手ごろな斎場の数は限られるため、すぐに葬儀の準備にかかれないところもある
千葉の葬儀情報支援mainイメージ

葬儀まで時間があいてしまう

神奈川県、千葉県、東京都近郊では、葬儀を行うのは亡くなってから日付があくことが往々にしてあります。

地方の習慣では、不幸が出るとすぐにもお知らせが届き、お通夜へ出向くということが多いので、驚かれることが多いと思います。

不幸の知らせを受け取っても、葬儀までの日数があいてしまうため、面食らうのでしょう。

関東エリアの斎場の数には限りがあり、希望通りにすぐに火葬場を使うことができるとは限りません。

場合によっては、4,5日の時間がかかるということも珍しくありません。

確かに、都市部は人口が集中しています。

千葉県の都市部も同様です。

斎場は、どこにでも新たに建設できるものではなく、地域住民の中には強く反対の意思表示をされるところも少なくありません。

自宅のあるエリアに新たに斎場が建設されてしまうと、不動産価格や資産価値にも影響は避けられません。

近年に急激に人口が増加したエリアがある一方で、人口が急減しているエリアもあり、斎場の需給バランスにも大きな変化が起こっている現状があります。

一方、葬儀の流れを考える需給の問題もあります。

都市部で葬儀を執り行う際には、葬儀から火葬、初七日と1日で終えることが多く、この流れを一カ所で行うことができる公営斎場には、ニーズが集中してしまいます。

また、時間帯で言えば、朝の葬儀スタートからの流れで、火葬はお昼前後の時間帯が最も混雑してしまいます。

予約がいっぱいの斎場というのを良く見てみると、こうした好条件が重なっている場所が圧倒的に多くなります。

すぐに葬儀が出せないと、ストレスを感じる葬家も多いものです。

気持ちを落ち着けてゆっくり見送りができるという人がいる反面、早く送ってあげたかったと後悔する結果になることもあります。

あらかじめ時間がかかる可能性があることを知っておくことで、動揺せずに済むこともあります。

Copyright http://www.twelve71.com/ All Rights Reserved.